慢性副鼻腔炎(蓄膿症)による顔の痛み  30才女性

鍼灸の症例でも掲載しましたが少し掲載文を変えております↓

もともとアレルギー体質のこちらの患者様、一か月前に出産をしてから体力が落ち、持病の鼻炎が悪化して副鼻腔炎(蓄膿症)にまでなってしまったようです。 耳鼻科に行って抗生物質や鼻炎薬、痛みどめをもらったそうですが、いっこうに効かず困っていたそうです。 

 

そこで当院では

●頭に2点、

●その他首や肘や足首などに4点ツボ

に体がホカホカ温まるお灸をしました。ほとんどの患者様がお灸をした時点で鼻が通ってきて、それから顔の痛みが薄らいでいきます。 

 

当院では副鼻腔炎(蓄膿症)による顔の痛みの治療は

 

●わたし(鍼灸師)によるお灸、

●自宅でのご自身でしていただくお灸、

漢方薬の併用でかなり短期間で痛みが取れてまいります。

(2種類)  

 

この患者様は翌日鼻をかんだら、ビックリするくらい粘っこい鼻水の親玉のような塊が出て、鼻がかなりすっきりしたそうです。 

その後もこんなに出るのかと驚くほどたくさん出てきたそうです。 2度の私によるお灸とご自宅での4~5日のお灸(せんねん灸)、4日分の漢方薬でほぼ気にならないくらいになり、とても満足していただきました。  

 

急性の副鼻腔炎では抗生物質で治癒することもあるようですが、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にまでなると、抗生物質の届かないところまで細菌が浸潤してしまうケースが出てきて、今回のようなケースに発展するようです。 

 

今回使用した漢方薬は葛根湯ベースの鼻炎薬で上半身の血流促進降下があり、肩こりや後頭部のコリを取り、同時に首より上の炎症を抑えるのに効果的です! それに化膿性炎症を抑え、去痰作用のある漢方を併用してもらいました。 

 

参考までに費用的は

漢方が4日~8日分で2600円~3600円

お灸が1000円(初回のみ+初診料500円)くらいかかります。

※症状軽減の仕方は個人差があります